過鎮静気味の日常

狭い研修医室からの発信。

将来の専門領域について

 こんにちは。
 ゆるゆると研修をさせていただいています。
 6月は2年目になってやっと全国学会デビューしたり、他病院の勉強会に参加させていただいたり、少しだけ精力的に動けています。

 さて、そろそろ3年目以降の進路を考えて専門領域を決めていきたい時期です。最近は毎日、同期諸君がどこかで3年目以降の話をしているのが聞こえてきます。専門医制度が来年から始まるということもあって、やはり関連病院の多いところでの研修が良い、と考えている人が多いようです。私もその一人ではありますが、新専門医制度をについては最近どうなっているのか把握できていません。

 と、まぁ、専門医制度の話は置いて置きまして、「専門科はどうするか」の話をしましょう。

 

 専門科を決めるにあたって

「この診療科がオススメ!」「こんな人にはこの診療科!」なんてものは私は知りません。選ぶにあたっては

●働き方(life style)が自分に合っている

●学問として興味がある

●患者さんとの関係性が性に合う

●尊敬する先生がいる

●必要とされているから

などなど色々な要素があると思います。

 私見ですが、「学問として興味があるもの」をまず検討するのが良いと考えています。生活の質や仕事内容、仕事の仕方は基本的なところは同じでも、実際のどのように働いているのかは施設での差があったりします。今見ている施設で働き続けるきでない限り、その点のみで決定するのはあまりお勧めできません。

 何よりも興味のあるところをまず考える。それから、自分の生活と照らし合わせたらいいんじゃないでしょうか。