過鎮静気味の日常

狭い研修医室からの発信。一体どんな研修生活を送っているのか。

研修医の装備 

こんにちは

さて、ポケットの中身は以前に紹介しました。
今回は実際に使っているものを詳しく紹介したいと思います。

 ①iPad

 かなり便利です。M2plusでマニュアル本を数冊購入し、これでまとめて閲覧しています。スマートフォンでもいいのですが、こちらの方がサイズが大きくて見やすいです。

MP2G2J/A シルバー iPad Wi-Fi 32GB 2017年春モデル(iOS)
MP2G2J/A シルバー iPad Wi-Fi 32GB 2017年春モデル(iOS)
 

 

②白衣の胸ポケット用ペンケース

 ポケットにペンケースを丸ごと入れる代物です。処置を行う時にまとめて外せたり、ピンで止まっているので多少の動きでは取れなかったりと便利です。下を向いた時にまとめてペンがズシャーと落ちることもありません。

 私は革のものを使っていますが、ナース用のだとかを使っている同期もいます。

 

③懐中時計

 使う癖をつけるように努力しています。PHSで時間確認は楽ですが、患者さんの前ではいまいちではないか…といった意見もあります。

 私はそれよりも秒針付きのものを買って呼吸数を正確に測ることをお勧めしたいです。患者さんの呼吸に合わせながら呼吸を回数を測ることで、時計がなくても測れるようになって行くでしょう。

 入院時の呼吸数が入院中の急変?死亡?の率に相関したなんて報告があった気がします。参考文献は今度探します。

 

④ボールペン

 jet stream一筋でしたが、最近ではacroballも使っています。赤と黒と1本ずつあるといいと思います。あとは使うとテンションが上がるような少しいいペンも持っています。モンブランだとかカルティエだとかつけてる先生もよく見ますよね。私も就職の時に買ったお気に入りを1本持っています。

 

 

 

 

 あとはメモ帳と病院の油性マジック。何かと便利ですよね。

 

細かい装備品はこんなところです。

今回は以上です。また、何かあれば紹介します。