過鎮静気味の日常

狭い研修医室から少し広い医局に飛び出しました。一体どんな専攻医生活を送っているのか。

いつの間にか専攻医に

ご無沙汰しています。

いつの間にか専攻医になり2か月の月日が過ぎました。

今回は”初期研修医の時と違う”と感じた点についていくつか書いていきたいと思います。

 

 

専攻科以外の知識は初期研修の時のものがベースになる

専攻科の勉強が忙しくなります。
もちろん、他の科の勉強もするに越したことはないのでしょうが、専攻科も勉強が優先されるでしょう。環境にもよりますが、コンサルトし支えあっていく形をとっていくのがいいのではないでしょうか。
心不全だと考えます。診察お願いします。」なのか「呼吸が苦しいと言っているので、とりあえず診てください。」なのか、アセスメントしたうえでのコンサルテーションという流れがお互いに良いと私は考えています。そのため、いろいろな科を初期研修の時に回り、本当に最低限かもしれませんが、各科の知識を学ぶというのは有意義ではないでしょうか。

 

診療の責任感が増す

こちらも施設によると思います、と先に言っておきます。
私の初期研修をした施設では、初期研修医は非常に守られており、基本的に何をやるにも指導医の確認が必要でした。しかし、専攻医になるとある程度自分の裁量で診療を行い、そして少しずつ教える側にもなり、初期研修医の診療に関しても責任を持つようになります。こうなると、今まで以上に、自身の判断に関して根拠を明確に持っておかねばならないと感じています。

 

以上2点が現在言葉にできる、いままでと違うと感じた点です。

今後、あまり頻繁に更新はできないですが、できる限り言葉にしていきたいと思っています。